Uber Eats(ウーバーイーツ)岡山の配達パートナーの時給・収入は?バイトの給料より稼げる?配達エリア/地域/登録方法を解説!埼玉の配達体験談・時給・営業時間も公開~

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、飲食店のさまざまな料理を自宅で楽しめる新しい宅配サービスとして2016年から日本でも開始しました。 

2020年の3月からは、新たに岡山県もサービスの対象となり、今後さらにエリアの拡大も予想されています。

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)岡山エリアの、配達パートナーとして働いた際の稼ぎ方を、概要や報酬の仕組みなどから分析していきます。

早速岡山で配達パートナーを始めたい方は公式ページのweb登録から始めましょう。

→Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録ページ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)での仕事は、他の業種のパートタイマーやアルバイトとは異なり、契約や報酬の仕組みが異なります。

配達パートナーとして働く際は、これらの仕組みをしっかりと理解することが最も重要だと言えます。

個人事業主として仕事を受ける

一般的な企業との一番の違いは、Uber Eats(ウーバーイーツ)と雇用契約を結ぶのではなく、個人事業主として契約を結び、仕事を受ける点が大きな違いになります。

一般的な企業の場合は、その企業の従業員として企業との雇用契約が発生しますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合は、配達スタッフ、配達員などの従業員としての扱いではなく、あくまでも「Uber Eats (ウーバーイーツ)のパートナー」として、企業と個人事業主との関係で仕事を行います。

個人の責任と裁量で、Uber Eats (ウーバーイーツ)の業務を行うことが大きな特徴であると言えるでしょう。

報酬は完全出来高制

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーとして働く場合、雇用契約は発生せずあくまでも個人事業主として仕事を受けるため、報酬は完全出来高制で支払われます。

後術にもありますが、報酬はUber Eats(ウーバーイーツ)ならではの仕組みによって支払われるので、報酬の仕組みをしっかりと理解することが働く上でなによりも大事だと言えるでしょう。

 

報酬の仕組みをしっかりと理解する

上記でもあったように、Uber Eats(ウーバーイーツ)での報酬は完全出来高制で支払われるため、時給や日給といった固定給ではなく、配達ひとつに対しての単価で支払われます。

よって、何時間、何日などの期間による計算ではなく、配達数に応じて最終的な報酬が変化するため、報酬の計算方法や仕組みを事前に理解しておくことが大事です。

報酬は3つの項目で構成されている

Uber Eats(ウーバーイーツ)での報酬は、報酬の基本となる「基本報酬」、特定の条件を満たすことで追加される「インセンティブ」、報酬から差引される「サービス手数料」これら3つの項目で構成されています。

各項目をしっかりと理解し、これを上手く活用することが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして高額報酬を得られる大きなポイントと言えるでしょう。

基本報酬は3つの要素で計算

報酬の肝ともなる基本報酬は3つの要素で計算され、各要素はエリアや配達距離によって変動します。

各要素の概要は以下のようになります。

受け取り料金 飲食店から料理を受け取る際に発生する料金で、エリアによって単価が変動します。
受け渡し料金 注文者に料理を受け渡した際に発生する料金で、エリアによって単価が変動します。
距離料金 配達した距離に応じて発生する料金で、1km単位で計算されます。

これら3つの要素を合計した金額が基本報酬の金額となり、またこれら3つの要素はそれぞれ金額が異なります。

以下の表は、201912月に公表された、Uber Eats配達パートナーの基本報酬の内訳になります。

エリア 都道府県 受け取り料金 受け渡し料金 距離料金(1km)
関東 東京 265 125 60
埼玉 265 125 60
千葉 265 125 60
神奈川 250 120 60
中部 愛知 215 105 60
近畿 大阪 215 105 60
京都 215 105 60
兵庫 215 105 60
九州 福岡 215 105 60

この表のように、エリアによって受け取り料金と受け渡し料金は変動し、距離料金は一律1km当たり60円とされています。

基本報酬の料金表を見る限りでは、エリアによる金額の差が大きく思えます。

以下は東京と大阪の基本報酬を比較した表になります。

  受け取り料金 受け渡し料金 距離料金 単価/1 3/1時間
東京 265 125 60 450 1350
大阪 215 105 60 380 1140

こちらは1時間で1kmの距離の配達を3件行った場合の比較ですが、1件当たりの単価で70円、時間給換算で210円もの差が生じています。

例えばこれが1時間当たり4件の配達になれば、時間給換算でさらに差が生じるため、エリアによる金額の差は正直大きいと言えます。

ですが、例え東京であっても、立地によって配達件数を稼げず、逆に大阪であっても配達件数を稼げる立地を選べば、この差は埋めることも可能です。

東京エリアで1ヶ月配達した時の報酬も下記ページで公開しているので、より詳しく収入について知りたい方は下記ページもみてみて下さい。

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)配達 バイトの給料・時給・収入より稼げる?1ヶ月の月収を公開~バイトの給料と比較。女性配達パートナーも・登録方法も~

2種類のインセンティブ

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、配達の成果に応じて追加報酬が支払われることもあり、この追加報酬をインセンティブと言います。

インセンティブは大きく分けて2種類あります。

ブースト 時間帯や曜日、天候など、さまざまな要素によって変動する数値のことです。
特別キャンペーン 季節やイベントなどに応じて不定期で実施される追加報酬で、特にこれといった規定がある報酬ではありません。

ブーストは上記の表にもあるように、さまざまな要素によって変動する数値ですが、例えば大雨の日や時間帯に配達した場合、1.2の数値がブーストとして発生したとします。

その際は、基本報酬にブーストの数値が掛け算され、基本報酬が500円だった場合は、「500円×1.2600円」となり、インセンティブで100円追加される計算になります。

一方の特別キャンペーンとは、季節やイベントに応じて不定期で実施される追加報酬のことです。

ですが例えば、「特定の時間帯で配達件数を規定回数達成した」などの、クエスト要素の高いキャンペーンは常時実施されていることもあります。

手数料を差し引いた金額が最終的な報酬金額

Uber Eats(ウーバーイーツ)から最終的に支払われる報酬は、手数料を差し引いた金額が最終的に手元に入る金額です。

この手数料が「サービス手数料」と呼ばれる報酬項目のひとつです。

東京・配達距離1km・ブースト1.2の場合
    • 基本報酬 450
    • ブースト 1.2(90)
    • サービス手数料 10(45)
    • 計算式 450円×1.2-(450×0.1)=495
  • 最終的な報酬金額 495

このようになり、インセンティブであるブーストは基本報酬に1.2かけた金額なので90円がインセンティブとして追加され、サービス手数料も基本報酬の10%なので、この場合は基本報酬の450円の10%、45円が差し引かれる手数料の金額と言うことになります。

■ブーストの例

■クエスト(特別キャンペーン)の例

 

上記のクエストはとても太っ腹ですね。このようなクエストが表示されると嬉しいです。(※報酬やキャンペーンは実績や・地域・時間によって異なります。)

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)公式登録ページ

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは岡山でも稼げる?

ここまで紹介したUber Eats(ウーバーイーツ)の基本的な仕組みを理解した上で、ここからは、岡山でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼げるのかを検証していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)岡山エリアの特徴

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、当然ながら配達業務がメインとなるので、まずは岡山の配達事情をある程度知っておくことが大事です。

飲食店の配達代行がメインの業務なので、そのエリアの飲食店の店舗数、ランチ時に需要が高い企業の数、夕飯時に需要が高い企業や家庭の数がポイントと言えます。

Uber Eats岡山エリアの概要
  • 店舗数 約40店舗
  • エリア 岡山市の中区、北区、南区の一部
  • 総人口 721,348人(中国・四国地方で2番目)

店舗数は40店舗と全国の各エリアに比べまだまだ少ないですが、現在のエリアを中心に今後拡大しているとされているので、それに伴い店舗数、ユーザー数の増加が見込まれます。

岡山市の総人口も中国・四国地方で2番目の人数と比較的多い方なので、アリア拡大に伴い配達パートナーの需要も高くなると予想できます。

配達パートナーはまずUber.comからweb登録をして、それからパートナーセンターで本登録を行いましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録ページ

進め方で悩む人も多いので、下記ページを見ながら進めると、分かりやすいと思います。

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)コロナで登録できない人に登録方法を解説。パートナーセンター閉鎖中の配達パートナー登録方法。

 

岡山エリアで稼ぐポイントは?

上記の概要を踏まえた上で、岡山エリアで稼ぐポイントを項目別に解説していきます。

配達の効率化をベースにする

配達パートナーとして働く場合、エリアに応じて基本となる単価は決まっています。

なので、時間や日で以下に多くの配達をこなせるかが、稼ぐ上での大きなポイントと言えます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに限らず、完全出来高制の個配業務においては、配達の効率化が稼ぐ上の大きな要素と言え、例えば時間給換算を目安にした場合は、1時間で以下に多くの配達をこなせるかが重要になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達に置き換えた場合、「配達ルート」「料理の受け渡し」これら2点の要素に注目して効率化を考えることが大事と言えるでしょう。

例えば配達ルートで考えた場合、「このルートは信号が多く人も多いから自転車を使う」「このルートは道も広く信号が少ないから原付を使う」など、受け持つエリアのルートを事前に把握しておくことが大事です。

料理の受け渡しで考えた場合は、飲食店が料理の注文を受けて完成させるまでの時間、完成した料理を受け取るまでの時間、これらの2つの時間がそれぞれポイントと言えます。

例えば、料理の注文を受けて完成するまでの時間が30分かかるとして、注文を店側が受けると同時にお店に料理を受け取りに行っても、そこで30分の時間をロスしてしまいます。

30分あれば他の配達時間に回すこともできるので、タイミングを見誤れば1件分の配達件数を無駄にしてしまう可能性もあります。

このように「配達ルート」や「料理の受け渡し」など、業務に必ず必要となる要素をしっかりと把握・分析を行い、配達そのものを効率化することが、稼ぐ上では非常に重要なポイントと言えるでしょう。

スタイルに合わせた業務運営

岡山エリアの場合、対象が岡山市の中心部がメインとなるので、企業が多くお昼時の需要が高いと言え、比較的住宅街が多い中心部から少し外れたエリアの場合、夕飯時の需要が高いと予想できます。

これを働き方のスタイルに合せると、例えば主婦の方の場合であれば、午前から夕方までで時間が作りやすいので企業が多いエリアを、学生さんの場合は午後から夜間までで時間が作りやすいので住宅街が多いエリアをなど、立場やスタイルに応じてエリアを選ぶことも、稼ぐためのポイントと言えるでしょう。

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)公式登録ページ 

まとめ

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)岡山エリアの特徴や報酬の仕組みなどから、配達パートナーが稼げるかどうかの検証を行いました。

エリアに問わず共通して言えることは、「仕組みの理解」「配達の効率化」この2点がUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼ぐポイントだと言えます。

岡山エリアの場合、今後サービスエリアの拡大が予想されるので、それに伴い今後配達パートナーの需要も高くなると予想できます。

エリア拡大時には特別キャンペーンも実施されるケースもあるので、それを狙って報酬アップを目指すのもひとつの方法です。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)公式ページ

 

人気記事:Uber Eats(ウーバーイーツ)配達 バイトの給料・時給・収入より稼げる?1ヶ月の月収を公開~バイトの給料と比較。女性配達パートナーも・登録方法も~

 

>>【人気記事】Uber Eats(ウーバーイーツ)バイトより稼げるか徹底解説。【決定版】稼げるか・配達の時給や給料・仕組みを解説。

25000円もらえるmenuデリバリーの招待コード
30回の配達で25000円もらえるmenuデリバリー。
25000円もらえる招待コードや登録方法について下記ページで紹介しています。


menu(メニュー)デリバリー配達員バイトの登録方法や招待コード・紹介コードついて解説。

2020年5月24日


menu(メニュー)デリバリー配達員バイトの登録方法や招待コード・紹介コードついて解説。