Uber Eats配達パートナーは副業でお金を稼ぎたい時に確実に稼げる仕事?

 

社会人の方で、企業にお勤めの方や個人でお仕事をしている方、アルバイトの方は

もう少し給料面に余裕が出たらいいのに~。と感じる事は有りませんか?

そして少しの時間で出来る副業を探している方も多いでしょう。

副業には沢山の種類があって、もう挑戦している方もいると思います。

Uber Eats 配達パートナーは手軽に始められ、確実性もあり、尚且つ少しの気晴らしにもなる様な副業です。今回は、Uber Eats配達パートナーの仕組みやメリット・デメリットについて解説していきます。

 

→Uber Eats配達パートナーを始めるにはまず公式Web登録から

(詳しくは下記で説明します)

Uber Eats配達パートナーの仕組みって??

 

Uber Eats 配達パートナーは、ネットから簡単に登録出来き、配達パートナーの事務局に自身の証明書(運転免許証など)とを提出すると、登録が完了し、30分程度の説明を聞くだけで配達を始められるシステムになっています。

 

お弁当を1件配達完了で、500円~900円が配達の距離に応じて、銀行振り込みでお手元に入ってきます。

 

シフト制でもなく、Uber Eatsのサイトにログインし、配達予約状況を確認しuber本部のシステムが回れそうだと判断したら、お仕事を取るというやり方ですので、副業に持ってこいのお仕事ですね。(まあつまり、分かりやすく言うと電源をポチッとすると、勝手に仕事が振られてきます。)

 

勿論予約を取ったらしっかりと責任を持ち業務する事が前提ですけどね。

 

副業でもUber Eats配達パートナーが出来る理由とは?

 

Uber Eats配達パートナーは副業でも出来る理由は、雇用形態の関係です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、UBERという「タクシー配車事業」をアメリカでメインに行っています。その会社が配達を始めたというわけです。日本ではタクシー配車の方が広まっておらず、Uber Eats(ウーバーイーツ)の方がCMなどもしており、有名です。

雇用形態の種類には民法上では3つあり、①雇用、②業務委託、③委任に分けられます。

そして、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの雇用形態は③業務委託です。

この業務委託とは、業務の依頼をされてその対価として報酬を得るシステムを指します。

Uber Eats業務委託はその業務が終了すると報酬が貰えるシステムの雇用形態です。

 

この様な業務委託ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが副業に向いているのは、

会社のお休みの日や隙間時間に出来るので、本業に支障がない雇用形態といえるからです。

 

業務委託(Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー)として働くことのデメリットは?

 

しかし、少しのデメリットも考慮する必要があります。

副業として始めるには業務委託や委任契約の雇用形態といいましたが、この2つの形態には、本業での雇用形態と違い、雇用保険や労働保険には加入がありません。これがデメリット..でした!

 

が、しかし…!!2019年10月1日から配達パートナー自身に対する、三井住友海上火災保険株式会社の保険プログラムが開始されました。

これによって、従来の対人・対物賠償責任の保険に加えて、新たに配達パートナー自身の事故による損害補償制度が追加されました。

つまり、自転車・原付きバイク・バイク・軽自動車を利用するUber Eats配達パートナーが配達リクエストを受けた時点から配達が完了、またはキャンセルまでの間に生じた事故に対して保険が適用されます。

なので、大きなデメリットであった、事故時の補償面が、ついになくなったといえます。

とはいえ、配達中に事故に巻き込まれてしまう可能性が、少しある、ということが継続的なデメリットといえるでしょう。

 

自分自身が配達していると、やはり夜でも多くのタクシーの運転手の方が自分の横スレスレを走っていくことがあり、肝っ玉を冷やしたことが何度かあります。ですが、自分はスピードをなるべく出しすぎないようにし、信号もよく確認して走るようにしています。

配達時には、事故にまきこまれないよう、細心の注意をするようにしましょう。

 

実際にUber Eats配達パートナーを本業にして稼げる額と副業での稼げる額とは?

 

Uber Eats配達パートナーを副業でなく、本業でするとどのぐらいの金額が貰えるのか?もかなり気になる所です。

そこで、実際に調査した結果を大公開致します。

 

Uber Eats配達パートナーは仕事を多く取れば取るだけ報酬は貰えますが、その月の配達注文数の兼ね合いや、金額アップ案件(クエスト)が達成できたか、取れないかでも報酬体系が変化しますので、個人間によって変化します。

が、おおよそのUber Eats配達パートナーをされている方の報告を記載致しました。

◆副業で働いた場合

休みの日に何件配達や予約が取れるかと休み日が何日なるのか

で金額も大幅に変化します。そして予約が沢山取れる日取れない日でも違いますが、

例として、仕事終わりに、1日に10件程予約も取る目標で考えると副業でも1日あたり5000円~8000円は収入を取る事が可能です。30分に1件として、大体5時間働いたケースを想定しています。

そして、1か月に4日その程度働くなら、2万~3万2000円程の金額が稼げます。もっと、休みがある方や空き時間が結構ある方は、5万も現実的にあり得ますね。これだけ副収入として金額が入れば、交通費を浮かせたり、携帯代金の支払いや子供の習い事の費用なんて楽々に考えられますね。

このお話しを聞くと、バイトが余りにも入れないので、悩んでいた方からすると、本業にしてもいいかなという気持ちになりますよね。

では、一体本業では幾らぐらい料金が支払われるのか?見ていきましょう。

◆本業で働いた場合

本業にするので有れば原付バイクで遠方を狙う事がお勧めです。

これは、信頼されてくると2件近い地域の配達なども同時に取る事が出来き

これを効率良くこなせば、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの上級者の方達は1日に1万5000円~2万5000円単位を稼ぐ事も普通にあります。これは凄いですよね。

そう考えると慣れてこれば、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして25万など一般企業で働くのと同じ報酬が受け取れるということですね。

本気でがんばれば1ヶ月に35万円ほど稼ぐのも現実的です。

(Uber Eats(ウーバーイーツ)は営業時間が短いところでも9時~0時で稼働可能時間が15時間。)

(1日10時間稼働、配達インセンティブ(クエスト達成)等込みで30分700円で計算、1日14000円。25日稼働で14000円×25=35万円)

※上記の計算はあくまで想定例であり、結果を保証するものではありませんのでご了承ください。

Uber Eats配達パートナー公式登録ページ

Uber Eats配達パートナーを副業にお勧めする理由とは?

 

・Uber Eatsの配達を終えると、翌週の火曜日に直ぐに銀行口座に報酬が振り込まれる。

 

これは、Uber Eats配達パートナー運営側の方がしっかりと管理してくれているので、配達が終わると1週間後には銀行口座に振り込まれるのです。正確には1週間働いた分が、翌週の火曜日に振り込まれるので、

・日曜日に働いたら、2日後の火曜日に振り込まれる。

ということになります。

成果物を収めても中々入金されない事や、報酬を待たされているという状態がないので、ストレスなく仕事に集中できるメリットもありますね。

 

・いきなり休みの日ができたら働いてもOK

 

いきなり、「シフトを変わって欲しい」や、「勤務時間の兼ね合いで休んで欲しい」となりお休みになった場合に、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとしてその日にすぐにでも働く事が出来ます。

今はUber Eats配達パートナーに注文することが世間に浸透しつつある職業ですから、仕事も比較的取りやすいです。

 

・運動不足解消になる

会社の勤務や個人事業主の方で良く聞くのは、務作業のデスクワークばかりで

動く事が少なく運動不足気味になっているという話です。そんな方には凄くいいお仕事だと思います。

ジムに行くと毎月、数千円~1万円は絶対掛かりますが、Uber Eats配達パートナーをやっていく中で

自転車や電動自転車配達にすると、いい運動にもなります。

 

・確定申告の範囲内で金額を考え働く事が出来る。

会社員の方だと副業で年間20万円以下に抑えて働く必要がありますが、

Uber Eats配達だと考えながら予約も取れるのでこの辺りも計算次第でクリアできますからね。

 

Uber Eats配達パートナーを副業として働くことのまとめ

 

今回はUber Eats配達パートナーを副業に最適な事をご紹介致しました。

副業を何個か挑戦している方ならよく分かると思いますが案外、報酬振り込みが遅れたりするものですよね。

Uber Eats配達パートナーは短時間でしかも自分の家に近い場所のみなどの設定が出来ますので、本当に手軽に

始められる副業です。そして一番有難い事が1週間後報酬振り込みが確定している事ですね。

あなたも是非、web登録をし、気が向いたときや急に休みになった時にUber Eats配達パートナーで

体を動かしてみませんか?

それではまた。

>>Uber Eats配達パートナー公式登録ページ

>>【人気記事】Uber Eats(ウーバーイーツ)バイトより稼げるか徹底解説。【決定版】稼げるか・配達の時給や給料・仕組みを解説。

25000円もらえるmenuデリバリーの招待コード
30回の配達で25000円もらえるmenuデリバリー。
25000円もらえる招待コードや登録方法について下記ページで紹介しています。


menu(メニュー)デリバリー配達員バイトの登録方法や招待コード・紹介コードついて解説。

2020年5月24日


menu(メニュー)デリバリー配達員バイトの登録方法や招待コード・紹介コードついて解説。