ウーバイーツは怖い?危ない?女性が安全に利用するための方法を解説!

 

最近街で見かけるフードデリバリー、ウーバーイーツ。利用する側も、配達員として働く側も、基本的にはアプリで完結できる便利なサービスですよね。

このページを見ている方の中には、ウーバーイーツを利用してみたいけど知らない人に配達してもらうのってちょっと怖いけどどうなの?なんて思っている方もいるのではないでしょうか。

または、空いている時間を運動がてらウーバーイーツの配達パートナーとして働いてみたいけど、ちょっと心配…と思って検索している方もいるかと思います。

どんなことでも最初は不安がありますよね。そんな方のために、ウーバーイーツの仕組みや現場の声などから不安解消のお手伝いが出来ればと思い調べてみました。

 

ウーバーイーツを利用するのは怖い?

 

ウーバーイーツで検索すると、「こわい」と言うワードを見る事があります。それだけでなんだかネガティブなイメージが湧いてきませんか?

いったいどういう事なのか、疑問に思ったので「怖い」と感じる人がいる理由を、利用者側、配達者側の両面から考えてみました。

2019年8月、ウーバーイーツの配達員が、女性宅を物色して捕まるという話をニュースで見た方もいるかもしれませんが、そういう所から怖いというイメージがついて回るのかもしれません。

確かに女性の利用者からすると、知らない人に料理を届けてもらうのって自宅に配達だと特に不安ですよね。

  • 利用者側から

・サービスを利用する事で、見知らぬ人に自分の住所を知られてしまうのが怖い。

・顔見知りの特定の人に配達を頼むことが出来ない。

・SNSで、「デリバリーしたら可愛い子の部屋だった」など書き込んでいるのを見てぞっとした。

 

  • 配達者側から

・普通のバイトのように、ノウハウを指導してくれる先輩がいない。

・個人契約なので労災がなく、怪我や事故に巻き込まれても保証がない

・自転車やバイクの故障も自費で修理な為、報酬が減ってしまう不安がある。

・天候が悪いと配達がしにくくて危ない。

 

・・・などなど、両者からの「怖い」と感じるネガティブイメージはこういう点から来ているのではないでしょうか。

そのイメージは実際には誤解なのかどうなのか、調べてみました。

住所を知られるリスクについては次の項で詳しくお伝えしていきます。

アプリのシステム上マッチングが基本ですので、残念ながら特定(例えば顔見知り)の配達員に頼むことはできません。

SNSに配達員が投稿・・・これはもってのほかですが、極々一部の不届き物のする事で、実際に動いている配達員の人たちは「早く次の配達をして少しでも報酬を上げたい」と思っているようです。つまり、いちいち顔を覚えていないほうが多いという事です。

とは言っても、不安になるのは仕方ありません。そのためにも受け取り場所を自宅玄関などに設定しないことをお勧めします。

 

一般のバイトであれば、先輩やバイトリーダーのような人が手順を教えてくれたり仕事の指示をしてくれますよね。ですがウーバーイーツは個人契約ですからシフトに縛られない自由さがある代わりに、そばでやり方を詳しく教えてくれる人はいません。これはやはり慣れる事で次第に解消できる不安です。

初めからうまくいかなくても、試行錯誤するうちに手際もよくなって収入にもつながっていきます。

ただ、事故や故障には気を付けて万全の態勢で配達できるようにした方がいいでしょう。商売道具の自転車(もしくはバイク)が転倒などによって故障したとしても、ウーバーイーツでは修理費を保証してくれません。

先日ウーバーイーツでも労組が発足したとか聞きましたが、機能するのはこれからでしょうからわが身を守るのは我が身だと思って点検はお忘れなく。

また、利用者側から配達員への評価をつける機能もありますので頭の片隅に置いておいてくださいね。

>>ウーバーイーツ(Ubereats)で1ヶ月働いた給料・時給をスクショ付きで公開。

 

住所を知られたくない時はどうしたらいい

配達してもらう事によって自分の住所が知られる事が、このサービスについて怖いと感じる一番の理由かもしれません。これは、特に女性にとって心配なところですよね。用心するに越したことはありません。

逆に男性だとあまりこの点は気にしない人が多いかもしれません。

では、デリバリーは頼みたいけど住所を知られるのは嫌、と言う方におすすめの対処法をお伝えします。

  • 受け取る場所を自宅以外に設定する。

マンションやアパートに住んでいて、自室で食べたい時は・・・

自室(部屋番号)を指定せず、エントランスや近くのわかりやすい場所(コンビニなど)で受け取る事が可能です。

ウーバーイーツはアプリ内で「配達メモ」が使えますから、注文の際に「到着したらメッセージをください」「マンション(建物)の前に着いたと連絡いただけたら入り口まで取りに行きます」など注文時に記述しておけば、自室を知られる心配はありません。

コンビニ前など自宅の前以外で受け取る際も同様ですね。近くで目印になる場所を指定するといいかもしれません。

 

  • 自宅(マンション、アパートも同様)の前に置いて帰ってもらう。

ウーバーイーツのよい点でもありますが、アプリの中で決済がすでに終わっています。なので、実はわざわざドアを開けて代金を渡したりサインをする必要もないのですね。

住所は知られてしまいますが、その部屋に誰がいるのかは知られずに済みます。

 

  • マンションであれば宅配ボックスを利用するのもあり。

宅配ボックスのあるマンションであれば、宅配ボックスに入れてもらうのもありですね。いっぱいになっていることも多いと思うので、先の2つの方法の方が確実だとも思います。

 

ウーバーイーツの利用は本当に怖いの?

 

確かに中にはちょっと目的の違う人がいたりするかもしれません。ですが、怖い事を探して回らない限りは常識的に考えて配達パートナーは効率的に数をこなして少しでも多く報酬が欲しいわけです。

 

例えばですが、配達先が女性で興味をもったとしても、リスクを冒してまで付きまとったり待ち伏せる暇はないと思いませんか。それを言ってしまえば郵便配達、宅配業者も同じです。

 

付け加えると、一般のデリバリーのように連絡用の電話番号を知られるリスクはこのサービスにはありません。利用者側、配達側、それぞれが受け取り(配達)をアプリの中で完了できるからです。

そう考えると、一般的なデリバリーサービスとリスクはそんなに変わらないと言えるのではないでしょうか。

 

また、配達パートナーから見ても変に疑われるのは怖い事ですよね。こちらにその気が全くなくても相手が怖がるのはどうしようもない点もあります。

そんな暇はないとは思いますが、相手の顔をじろじろ見たりせず(笑)リスクは最小限に抑えるほうが賢明ですね。

そして配達中、待機中は事故に十分安全に勤めてください。自分の身は自分で守る覚悟は必要です。

 

そして配達中はGPSを利用しますのでスマホのバッテリーの消費が激しいので、稼働中に充電切れになる事(実はこれが怖いかもしれません)のないように充電対策は必須ですね。

 

ウーバーイーツは怖いかのまとめ

ウーバーイーツについて、怖いと感じられる理由などについて考えてきましたがいかがでしたか?

本文でもお伝えしたように、宅配などの配達でも住所や電話番号を知られてしまうリスクはあります。名前まで知られてしまうのに普通にネットショッピングしますよね。

名前や電話番号を知られるリスクはこのサービスには基本ありません。雇用されていない一般人が配達するというだけで怖がり過ぎる必要はないのではないかな、と思いました。

もちろんリスクに備えて受け取り奉納などの対策は取っておくに越したことはありませんから、ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

そして配達のための自転車やバイクが故障したら自己負担で修理が必要ですからこまめな点検で安全で万全な配達を心がけてください。

バイトリーダーに教えてもらう機会などはありませんが、配達中などにおなじウーバーイーツの配達パートナーと出会う事もあります。そんな時、急ぎでなければ情報交換などできるかもしれませんね。

 

気になったら、怖がるよりもまず利用してみてはどうでしょう。配達してみようと思ったら、WEBで登録できますよ。

それではまた。

>>ウーバーイーツ配達員公式ページ

>>ウーバーイーツ配達員の1ヶ月間の給料・時給・収入を公開。