ウーバーイーツは危ない?配達員になる前に注意しておくことは?

 

働く時間や場所を好きなように選べる自由なスタイルが人気を集めている「ウーバーイーツ」。新しい働き方や副業としても注目を集めています。

しかし、ウーバーイーツを始めるにあたって注意すべき点がいくつかあります。気軽に始められる一方で、気をつけておかないと危ない目に遭ってしまうかもしれません。

 

今回はウーバーイーツで危ないと言われているポイントを紹介します。これからウーバーイーツの配達員として働こうと思っている人はぜひチェックしてください。

 

1.ウーバーイーツの配達パートナーになる前に確認したいこと

 

ウーバーイーツは会社勤めとは異なるスタイルで働くことになるが故に、会社員では起きないようなリスクがあります。ウーバーイーツの配達パートナーは、ウーバーイーツから雇用されている立場というよりも「個人事業主」という扱いになるため、会社員とは異なり、多くのことを自己責任として引き受けなければならなくなります。

 

そんな中でウーバーイーツの配達パートナーになるには、事前に確認しておかなければならないことがあります。自由な働き方には魅力を感じるかもしれませんが、自由が故に生じるリスクも存在します。

 

今回の記事では主に3つの項目に分けてウーバーイーツの危ない点をまとめていきます。

 

  • 配達中の事故
  • 配達中に料理をこぼしてしまったら?
  • 女性配達員特有のリスク

 

では、1つ1つ見ていきましょう。

 

①配達中の事故

ウーバーイーツは登録をした配達パートナーが料理を運ぶための自転車や原付といった乗り物を自前で用意します。

自転車や原付で移動をする以上「事故」に遭うリスクが伴うことを頭に入れておかなければなりません。

 

特に都会など交通量の多い場所では接触事故や衝突事故が起きる可能性が高まります。安全運転を意識していても起きるときには起きるのが事故です。いざというときに自分の身を守れるように自転車の場合はヘルメットを着用し、歩行者にも充分な配慮が必要となります。

 

また、こういった部分がウーバーイーツで問題化したこともありました。

これまでのウーバーイーツでは、事故による対人・対物の賠償制度が用意されていたものの、配達員自身への傷害保証はありませんでした。SNSなどでも「配達中に転倒して報告をしたら「アカウントが永久停止になる恐れがある」というメールが届く」など、配達員へのケアが不足していたことが批判の対象になっていました。

 

現在では、10月1日よりウーバーイーツの配達員に対して、医療見舞金や後遺障害見舞金、死亡見舞金、入院に伴う見舞金などを付与する傷害保証制度が導入されています。

 

ただ、今後も配達中の事故によるケアに関しては改善されるべき点が残されていると考えられるため、自分で自転車保険や任意保険に加入するなどをしてリスクを軽減させておいた方がいいでしょう。

 

②配達中に料理をこぼしてしまったら?

配達中のトラブルとして事故の他に挙げられるのが「料理などをこぼして台無しにしてしまったケース」です。自転車や原付で料理を運ぶ以上、こういったトラブルが生じる可能性は0ではありません。

もし配達中に料理をこぼしてしまったらどのように対応すればいいのでしょうか。

 

まず、パートナーセンターに連絡をして、その後に、必要な対応を配達先に行います。さまざまな事情はあるにしろ配達先に報告しないことにはどうにもなりません。その際には「再配達」「返金」のどちらかの対応をすることが多いです。

 

注文情報などを伝え、注文者の意向を聞いてから然るべき対処を行います。

 

ここで重要なのは配達員が料理をこぼしてしまっても、代金などを弁償することはない点です。これに関しては配達パートナーを始めるにあたって安心できる部分と言えるでしょう。

 

③女性配達員特有のリスク

ウーバーイーツの配達パートナーは誰でも気軽に始めることができる仕事として人気を集めています。当然、女性の配達員の方も多く活躍しており、自由な働き方に魅力を感じているでしょう。

 

ただ、女性特有のリスクについては事前に把握しておかなければなりません。

例えば、配達員として注文を受けた場所へ料理を運ぶことになるわけですが、その際には1人で他人の家に赴くことになります。周囲に誰もいない状態で1対1の状態になる可能性もあるので警戒は怠れません。

 

また、ウーバーイーツの配達員はそれぞれプロフィール写真や名前(ニックネームも登録可能)を表示させる仕組みとなっています。顔や名前を覚えられるのに不安を感じる人もいるでしょう。配達員がどこにいるかの位置情報についても注文者からわかるようになっています。

当然これは利用者側の利便性に貢献している機能なのですが、配達員側にしてみればリスクを伴う可能性もあります。

 

逆に利用者側にとっても、配達員が女性の家に行きわいせつな行為をするという可能性もあります。

 

実際に事件も起きました。

 

 

自由に誰もが便利に使えて、働けるという気軽さの反面、頭に入れておくべきリスクは多くなってしまいます。

 

まとめ

ウーバーイーツは自由でしがらみのない働き方を求める人にとってはうってつけの選択肢であることは間違いありません。ただし、ウーバーイーツで働く以上「個人事業主」として自分のことは自分で守らなければなりません。

ウーバーイーツ側も配達員へのケアを今後改善させていく方針を示していますが、配達員を始める際には上記のようなリスクを念頭に置いてください。

>>ウーバーイーツ配達員公式ページ

>>ウーバーイーツ配達員の1ヶ月間の給料・時給・収入を公開。