Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは自転車でできる?時給・収入はバイトの給料・より稼げる?

お気に入りのレストランや飲食店から注文して自宅に配達してくれる、便利なデリバリーサービスのUber Eats(ウーバーイーツ)。アプリで配達状況も確認できて、リアルに自転車で向かっているのが分かる機能付き。今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車で配達パートナーをやる方にフォーカスを当てて解説します。

自転車でのメリットや使用する自転車など、様々な視点からUber Eats(ウーバーイーツ)の知識を増やしてみましょう!

 

>>Uber Eats配達パートナーを始めるにはまずWeb登録から

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達の仕事・副業のメリットは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の最大の特徴は、注文したメニューを登録している一般の人が配達するというシステムです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達の仕事は簡単に誰でも副業できるということもポイントの一つです。ここでは、メリットとデメリットをみていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達の仕事のメリットとは?

  • シフトが自由で、空いている時間を利用できる
  • 人間関係がなく、配達のみで報酬が得られる
  • 服装や髪型が自由
  • 持っている自転車が該当すれば使用できる
  • 自転車のレンタルが可能

 

など、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達にはメリットがたくさんあります。とくに、一番のメリットと言えるのが「シフトが自由」ということではないでしょうか。

自分の空いた時間や隙間時間にUber Eats(ウーバーイーツ)のアプリをオンにして、配達の依頼を受けるだけ。

稼ぎたい時に稼ぐことができる副業の一つと言っても良いでしょう。

注文者の自宅やオフィスに、無事に自転車で届けることが任務なので、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに求められることは、安全にスピーディーに自転車の運転ができることも大切なことです。

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー公式登録ページ

自転車で配達する際のデメリットとは?

メリットがあればデメリットもあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での自転車での配達の大きなデメリットとなるのが、「体力的にけっこうしんどいかも」ということです。

自転車を漕ぐだけなら簡単!思っている人も侮ってはいけません。

配達する地域が平坦な道であるとは限らず、坂道などが多い場合も考えられます。とくに、都内であれば坂道がいくつもあるので、電動アシスト付き自転車以外であれば、ある程度の体力が必要になってきます。

体力がない人にはきつい仕事かもしれません。

また、天候が悪い日なども自転車を運転できる体力と気力が必要です。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は自分の自転車でもいいの?使用する自転車の種類とは

 

実は、Uber Eats(ウーバーイーツ)は自転車であれば、どんなものでも可能となっています。ママチャリでも可能なので、配達が出来ればOKということになりますね。

なので、自分の持っている自転車でも良いということになります。

  • クロスバイク
  • ロードバイク
  • マウンテンバイク
  • ママチャリ
  • 電動アシスト付き自転車

が、代表的な自転車の種類になります。

自転車を持っていない場合はどうすればいいの?

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、自転車やバイクが必須アイテムですが、自転車を持っていない人も中にはいます。

そのような人たちはどうすれば良いのでしょうか?

自転車を持っていない人は、レンタルで自転車を借りることができます。

一番のオススメはドコモのバイクシェアです。

  • ドコモ・バイクシェア

月額:4,000円

都内で見たことがある人も多いのではないでしょうか。通称アカチャリと呼ばれる小さめの電動アシスト付き自転車です。

このように、自転車のレンタルサービスはいくつかあります。街の大きなサイクル店でもレンタルをしている場合もあるので、自分の使い易いレンタルサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)を自転車で配達するのは稼げる?給料・時給は?

 

一番気になるのが、配達パートナーさんの給料です。どれくらいの時給なのでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはやった分だけもらえる歩合制になります。

1時間、または1日に何件配達できるかがポイントで、件数が多いほど稼げる仕組みになっており、また距離が遠いほど報酬が高くなります。

自転車だと短距離の場所が多く、バイクは遠距離の場所に配達されることが多いのが現状です。

実際の報酬の仕組みはどうなっているの?

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車で配達した場合の報酬額の例をご紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬が支払われる仕組みには、それぞれカテゴリー分けされています。

  • 受け取り料金(レストランや飲食店)・・・300円

料理を受け取った時点で300円

  • 受け渡し料金・・・170円

ご注文された自宅もしくは会社などで料理を手渡したら170円

  • 距離料金・・・150円/1km

1kmあたり150円

基本的な報酬の仕組みとなっています。Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐには、数を増やすか距離を伸ばすかということになりますね。

基本料金に加えて嬉しい料金プランとは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車で配達するには数をこなすことがポイントですが、こんな嬉しい料金プランがあります。

  • 特別インセンティブ

特別キャンペーンが設けられ、インセンティブが入ることがあります。例えば、決められた時間以内に12回配達完了で、通常報酬+2500円、などがあります。

  • ブースト

エリアごとに「ブースト倍率」というものが設定されていて、エリアごとに1.5倍や2倍というブースト倍率が表示され、このエリアに配達すると基本料金の報酬額に掛け算されることになります。

時間帯やランチタイムなどに倍率がUPしていることがあるので、その時間帯にアプリをオンにしておくと稼げるかもしれません。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達の仕事のまとめ

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車におけるメリットや報酬についてなど、ご紹介させていただきました。Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達を始めたい人は、お持ちの自転車でも配達可能なので、ぜひ空いている時間を有効活用してみませんか?

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー公式登録ページ 

25000円もらえるmenuデリバリーの招待コード
30回の配達で25000円もらえるmenuデリバリー。
25000円もらえる招待コードや登録方法について下記ページで紹介しています。


menu(メニュー)デリバリー配達員バイトの登録方法や招待コード・紹介コードついて解説。

2020年5月24日


menu(メニュー)デリバリー配達員バイトの登録方法や招待コード・紹介コードついて解説。