ウーバーイーツは大阪府でも使える?料理の注文や配達パートナー情報を徹底調査!

 

ウーバーイーツの配達パートナーは、シフトやバイト仲間の人間関係を煩わしく感じている人たちにとっては自由さと働き方によって報酬を得られるのが魅力の仕事だと言えるのではないでしょうか。

もともとアメリカで始まったサービスシステムで、今では海外でも広く事業展開していますが、日本でもサービス拠点が広がりつつあり、ウーバーイーツのサービスエリア拡大に期待が持てますね。

 

利用者側はもちろん配達パートナーとして働いてみたいけど、東京にまでは行けないし・・・と思っている方にとっても、全国でシステム提供エリアがあるのは嬉しいのではないかと思います。

今回は、全国で5か所ある拠点の中から大阪について調べてみたのでご紹介します。

 

ウーバーイーツ大阪の配達エリアはどこ?

 

大阪では2018年4月からサービスが開始されました。人気のタピオカティーからお弁当、ファストフードまで、食いだおれの街大阪ならウーバーイーツのニーズも高まりますね。

営業時間は基本的に 午前9時~午前0時 までとなっていて、大阪でのパートナーセンターは心斎橋にあります。

大阪の配達エリアは、北区、中央区、西区、阿倍野区、西成区、浪速区、天王寺区、大正区、都島区、福島区、の市内10区から始まり、その後港区、住之江区、此花区、西淀川区、鶴見区、平野区、などに拡大されており、今では市内のほとんどで利用できるようになっています。

 

大阪で効率よく稼げるエリアはどこ?

 

住んでいる地域の近くで配達パートナーをするのももちろんいいのですが、やはり注文の多い人気エリアは気になるところですね。

稼働するにはどこで待機していると効率がいいのでしょう。

注文の入った店舗に近くにいるパートナーをAIが判別して呼び出しが入りますので、エリアの端っこで待機しているとなかなか稼働しにくいかもしれません。

 

大阪市内の地図を見るとわかりやすいですが、淀川区や西区なども中心部から見ると距離もあり、ファストフード店などはあるものの店舗数も少なく、中心部からの注文を受け取りに行くにも時間がかかってしまいます。

そう考えると、やはり梅田を中心としたキタと呼ばれるエリア、難波や心斎橋を中心としたミナミと呼ばれるエリアで待機するのがよさそうです。

 

注文をする利用者がお店の近くにいればデリバリーを頼まなくても出向いて行けます。すぐ近くにいないからこそデリバリーを利用すると考えると、住宅地などで待機するよりも店舗が多い場所で待機する方がより多く注文を受ける事が出来る気がします。

 

そう考えると、キタだとグランフロント近くで待機するのがいいかもしれません。飲食店などはもちろんですが、配達先にもなるオフィスも多く、少し離れたところだとマンションなども多く点在しています。

ただ、配達する側としては迷ったりして時間を無駄に使ってしまいかねないので、地図と地形をしっかり頭に入れておくことが大切です。

 

そしてミナミであれば、やはり心斎橋辺りがおすすめです。心斎橋を中心に難波∼天王寺、上本町や鶴橋あたりまで、店舗も多く配達先も多くありそうです。上本町方面だと少し坂がありますがそれもエクササイズだと思えばそれほど苦にならないと思います。

 

待機する場所も確保しなくてはならないので、いくつかお気に入りの場所などを見つけておくといいですね。

待機場所から受け取りまでの距離は、基本給の中の距離給には含まれませんので、出来るだけ中心部で早く受け取れる方がよさそうです。

 

ポイントは

・店舗の多い地域

・地域、地理、地図などに比較的親しんでいる場所

・出来るだけサービス提供エリアの中心に近い場所

を頭の中に入れて、待機する場所を選ぶと効率がいいのではないでしょうか。

 

ウーバーイーツ大阪の基本給と平均収入

 

ウーバーイーツの平均的な収入を時給に換算すると1200円前後と言われています。ですがこれは活動エリアや時間帯などによって変わってきます。

大阪では、人気エリアで需要の多い時間帯などでは1時間で2件~4件程度の注文をキャッチできると言われます。

 

ウーバーイーツの基本料金は、地域によって異なります。大阪での基本料金の内訳は

・受け取り料金・・・136円

・受け渡し料金・・・63円

・距離料金・・・45円/㎞

の3つからなります。

例えば大阪で3㎞の配達距離だと

136円(受け取り料金)+63円(受け渡し料金)+135円(距離料金)=334円となります。ウーバーイーツの報酬は、基本料金から手数料を引いたもので、大阪は5%の手数料ですのでこの配達で得られる報酬は317円ですね。

時給計算で1,000円超えを狙うなら、基本料金だけで考えると同等の配達を3,2回行えば達成と言う事になりますが、ウーバーイーツには、基本料金の他にブーストと呼ばれるボーナスのようなものと、インセンティブと呼ばれるイベントやキャンペーンをクリアする事で基本料金に加算されるシステムが設定されています。

 

ブーストには、需要の多い時間帯によって1倍加算~など設定されていて、これはドライバーアプリの地図から確認することが出来ます。

うまくブーストのかかる時間帯に効率よく稼働できると少ない配達回数でも多くの報酬を得る事が可能と言う事になります。

 

平均収入については、実ははっきりしたものがありません。なぜかというと、パートナーによって稼働時間が大きく異なるからです。

それこそがウーバーイーツのよい点でもあります。時間があって働きたい時は午前中から夜までずっと(注文の入らない時は休憩になりますね)動けますし、副業として本業が終わった後の数時間を配達パートナーとして、やりたい時に動くなど、それぞれのスタイルで時間に縛られずに報酬を得る事が可能だからです。

 

全国でウーバーイーツがサービス提供をしている地域別の平均月収(週12時間稼働の場合)は、

・東京・・・9万円

・大阪・・・7万5千円

・横浜・川崎、埼玉、千葉、京都、神戸・・・6万円

・名古屋、福岡・・・4万円

となっており、大阪は東京に次いで2番目となっています。

 

週12時間というと、月48時間となり、週3日程度(1日4時間ほど)の稼働と考えられますね。週3日、4時間程度配達パートナーをして7万ちょっと報酬が得られれば、副業としてはかなりおいしいと思いませんか?

 

もちろんこのくらいの報酬を得ることが出来るためにはそれなりの慣れが必要です。初めて1か月ではなかなかここまでの報酬は得られないと思われますので、少なかったとしてもがっかりしないでください。

配達パートナーをしている人は、それぞれが失敗もあり、そこから工夫をしていかに効率よく報酬を得られるかを考えて行動しています。

 

ウーバーイーツ大阪のまとめ

 

大阪も東京に次いで配達パートナーの登録数が増えているようです。利用者が増えなければ注文を取り合いになってしまいますよね。(もちろん一つの注文を複数が受けて、受け取りが被る・・という事はないようです)

 

大阪は比較的平たんな地形が多いので、自転車でもあまり苦にならないというのが個人的な感想です。坂が多い地形のエリアでは配達に時間がかかってしまったり揺れによる食品への影響等気になってしまい、バイクの方がいいかなと思う所もありますが、バイクを利用したとしてもその経費は自己負担です。せっかく報酬をゲットしたのにガソリン代で目減りしてしまうのはちょっと残念ですよね。

 

もちろん、住んでいる場所とパートナーとして活動する場所が離れている場合、そこまで自転車で行くのは辛いですよね。そんな時はウーバーイーツが提携している自転車のレンタルシステムも利用できますので覚えておいてください。

 

スキマ時間をうまく利用して収入を得られるウーバーイーツの配達パートナー、興味があればやってみてはいかがですか?

>>ウーバーイーツ配達員の公式登録ページ

>>ウーバーイーツ配達員で1ヶ月間働いた給料・時給をスクショ付きで公開!