「Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げない」はホント?配達パートナーの月収・時給を公開!バイトの給料と比較。~Uber Eatsで稼ぐコツも~

こんにちは。「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの人達ってどのくらい稼いでんだろ?」「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーって稼げないんじゃないの?」って方に向けて、

 

実際に200件以上Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達をしている僕の経験と、他の配達パートナーの方の経験談を元に、「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが稼げるのか、稼げないのかを収入・数字を公開してお伝えしていきます。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げない?ホントのところは?

実際のところ、「稼げる」「稼げない」という言葉自体がそれぞれの人の価値観によるものなので、(例えば1年間に100億円稼いでいたら1年に1億円の収入があっても「稼げた」とは言わなそう)なんともいい難いです。

 

ですが、僕が実際にUber Eats配達パートナーとして働いた経験と、他の人の売上の明細をたくさん見たところ、1日働いて時給換算1500円は時期による特別インセンティブなしでも達成可能です。時給換算1300円くらいであれば、割とザラにいると思います。

 

東京都内の普通のアルバイトでも時給換算で1300円いく仕事は少ないのが現状だと思うので、「自由に仕事ができた」上で、「時給換算1300円は割とイケる仕事」、と考えたら割といいんじゃないかと思います。

 

Uber Eats配達パートナー公式ページ

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げない状態から稼げる状態に。自分の収入公開。

まず、1ヶ月間、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働いた僕の収入・時給換算の推移を公開します。

スクショつきで公開です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー1ヶ月で稼いだお金
1週目:3月26日~4月2日 「19時間50分 」 「18,190円」時給910円

2週目:4月2日~4月9日 「15時間2分」 「16,915円」時給1127円

3週目:4月9日~4月16日 「10時間13分」「12,779円」時給1270円

4週目:4月16日~4月23日 「4時間27分」「6,283円」時給 1400円

5週目:4月23日~4月30日 「5時間55分」「11,634円」時給1930円

トータル:「約56時間」「65,801円」「時給1175円」

 

 

(3月26日〜4月2日に東京エリアにて自身のアカウントにて配達した際の報酬記録。報酬は時間、地域、プロモーショ
ンによって異なります。)

でした。時間の経過とともに、特にすごく意識を変えたわけではないのですが、稼げるようになりました。

稼ぐコツや、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのメリットについて詳しく下記ページで解説しているので、

もっと詳しく知りたい方は下記ページを見てみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)配達はバイトの給料・時給・収入より稼げる?1ヶ月の月収を公開~

 

稼げるようになった理由について解説します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げない状態から稼げる状態になるためにやったこと

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げない状態を脱するためにやったこと
①お店が密集している地域で活動する

②クエストを活用して達成するようにする。クエスト時はマクドナルドなどの近くに

③ピークタイム中心に働く

1つずつ解説します。

①お店が密集している地域で活動する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の仕組みをざっくりいうと、「配達のために走った距離の分、報酬が増える」という仕組みです。

近くに配達するよりも、遠くまで配達するほうが報酬が増える仕組みになっています。

そして、大事な点ですが、「お店に料理を受け取りに行くまでの距離」は報酬に反映されない仕組みになっています。

例えば以下のような例を考えます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の距離と報酬の例

①自分の場所からお店までの距離1km,お店から注文者までの距離5km、配達報酬が800円、時間が25分

②自分の場所からお店までの距離3km,お店から注文者までの距離5km、配達報酬が800円、時間が40分

上記の例の場合、①は時給換算1600円以上になりますが、②は時給換算1200円になります。

頑張りが反映されない「お店までの受け取りに行く距離」を短くすることが稼げない状態を脱するための第一条件です。

②クエストを活用して達成するようにする。クエスト時はマクドナルドなどの近くに

Uber Eats(ウーバーイーツ)には「クエスト」という名の「多く配達したらインセンティブもらえるゲーム」があります。

これが純粋に楽しいんですけど、これが発動している日に活動するかどうかで、結構、時給換算が変わってきます。

 

上記2枚目の例だと、例えば6時間配達して1800円のクエストを達成すると、時給換算で300円アップします。

マクドナルドのように、多くのお店が家の近くにあることで、「配達距離が短い」案件をなるべく多く受注するようにすると、達成しやすいです。

あとは、タワーマンションなど目的地ついてからの時間がかかる案件が少ないとか..(これは運です。)

個人的には必ず達成できるわけではないのが、ゲーム性があって楽しさがあるとも思います。

③ピークタイム中心に働く

上記のクエスト自体がいわゆる「ピークタイム」に発生することが多いですが、ランチタイムやディナータイムなど、

ピークタイムをメインに働くと、注文が入りやすく、時給が上がりやすいです。

とはいえUber Eats(ウーバーイーツ)自体の注文数が増えてきているので、これの重要度は下がりつつあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)公式登録ページ

自分以外でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやっている人の収入は?

 

ぼくだけの収入だと、「あなただけじゃないの?」ということになると思うので、他のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの方の収入も紹介します。

 

時給計算①

稼働時間: 5時間46分 売上: 9,519円  時給換算:1655円

(※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります)

時給計算②
稼働時間: 3時間38分 売上: 4,221円  時給換算:1172円

(※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります)

時給計算③

稼働時間: 4時間53分 売上: 10,922円  時給換算:2184円

時給換算2184円はかなりすごいですね。ざっくりこんなかんじでした。

(※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります)

Uber Eatsよりもmenu(メニュー)デリバリーの方が稼げる?

現在の対応エリアは東京都内のみとなっていますが、都内に関していえば、ウーバーイーツよりもmenu(メニュー)デリバリーの方がボーナスが比較的大きく、稼ぎやすくなっています。前提として、もちろんまだまだウーバーイーツも稼げますが。

ウーバーイーツは2016年ごろから始まっていますが、menu(メニュー)デリバリーはほぼ、2020年開始で、配達員がまだまだ足りていないので、配達員への報酬の還元率が高くなっています。

 

例えば、現在招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、通常報酬とは別に追加ボーナスとして、25,000円もらえます。

 

早速登録して始めたい方は、下記ページから登録できます。

下記の招待コードの入力を忘れると25000円の追加報酬が受け取れず大幅に報酬が減ってしまうので、注意してください。

 

30回配達で25,000円をもらうためのmenu特別招待コード

DYX248

>>menuデリバリー公式登録ページ

 

menuデリバリーで稼げる金額や、お得な登録方法について知りたい方は下記ページで詳しく解説しています。

 

menu(メニュー)配達員の時給・給料・収入を公開。バイトより稼げるか検証した。

 

menu(メニュー)配達員の時給・給料・収入を公開。バイトより稼げるか検証した。【25,000円もらえる招待コード付き】

2020年5月29日

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの始め方は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)って実際稼げないのか、について見ていきましたが、「どうやって始めるの?」についてです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの始め方

Uber.comよりweb登録をする。

②Uber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターでUber Eats(ウーバーイーツ)の本登録をし、バッグを受け取る。

です。パートナーセンターに行く前に、特に事前予約をする必要性はありません。登録が完了したら、その日の内から働き始めることが可能です。

まずはUber Eats(ウーバーイーツ)のweb登録を完了して、それからパートナーセンターです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げないかは自分でやってみて判断しよう

自分の収入・他の方の収入をもとに、「Uber Eats(ウーバーイーツ)って本当に稼げないのか?」ということについて解説していきました。

 

その人の働く時間帯・クエストの有無・地域によって稼げる報酬・時給は変動しますが、時給1300円は全然可能なレベルですし、がんばれば時給1500円・時給2000円も見える仕事です。(※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります)

 

実際に自分が配達した時給換算・収入もスクショつきで下記ページで公開しているので、気になる人はチェックしてみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)はバイトの給料・時給・収入より稼げるのか検証。

 

また、繰り返しですが、都内に住んでいる人はウーバーイーツよりも稼げる可能性の高い、menuデリバリーもみてみてください。下記でメニューデリバリー配達員の時給や給料について解説しています。また、25000円もらうための方法も解説しています。

menu(メニュー)配達員の時給・給料・収入を公開。バイトより稼げるか検証した。【25,000円もらえる招待コード付き】

2020年5月29日

メニューデリバリー配達員とは?時給・給料・収入を公開。バイトより稼げるか検証した。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)公式ページ

 

25000円もらえるmenuデリバリーの招待コード
30回の配達で25000円もらえるmenuデリバリー。
25000円もらえる招待コードや登録方法について下記ページで紹介しています。


menu(メニュー)デリバリー配達員バイトの登録方法や招待コード・紹介コードついて解説。

2020年5月24日


menu(メニュー)デリバリー配達員バイトの登録方法や招待コード・紹介コードついて解説。