ウーバーイーツの配送手数料は260円から570円程度。料金設定の仕組みを解説。

ウーバーイーツを使って注文すると、配送手数料がかかります。以前は固定の金額だったのですが、変動するようになって、イマイチ配送手数料の仕組みが分からないという方もいるのではないでしょうか。

 

今回の記事を読むことで、ウーバーイーツの配送手数料の仕組みをサクっと理解することができます。

 

ウーバーイーツの配送手数料は距離で変わる。注文の量によって変わりはしない。

 

です。お届け先(家やオフィスなど)から、注文するお店までの距離が遠いほど、ウーバーイーツの配送手数料が上がる仕組みになっています。

 

一方で、そのお店で注文した料理の量が多いからといって、配送手数料は高くなりませんのでご安心を。もしくは少なくても高くなりません。タピオカドリンク1杯からでも注文できますし、1杯だからといって配送料金が高くなったりはしません。

 

ウーバーイーツの配送手数料

・すごく近いお店(1km以内程度?):260円

・近いお店(2km以内程度?):390円

・遠くのお店(2km以上程度?):570円

といった目安です。とはいえ、遠いお店でも安い料金が適用されることもあったりするので、あくまで目安として参考にしてください。

 

■混雑時は値上げをするように変更。

 

雨がザザぶりで天候が悪かったり、土日のランチタイムで注文数がすごく多い時など、配達する人の人数が足りない時は配送手数料が上昇する仕組みになりました。

 

混雑していたりすると、写真のように配送手数料が1120円かかることもあるようです。。

■名古屋と福岡は380円で固定料金。

 

名古屋と福岡に関しては、距離等関係なくく、一律380円の配送手数料のままになっています。

今後、東京や大阪のように変化していくと思います。

ウーバーイーツのピックアップを選択すると配送手数料がかからず待ち時間短縮。

 

また、ウーバーイーツには「ピックアップ」というお店にメニューを注文して、待ち時間を少なくお店の前で料理を受け取れるサービスも始まりました。

 

ピックアップを使用すると、配送手数料は0円で使用することができます。

 

ウーバーイーツ配達員として誰でも自由に働きはじめることができる

 

どうでしたでしょうか。ウーバーイーツの配送手数料も基本時にはそんなに高くはないですよね。

 

僕自身配達をしていて思ったのが、マンションに住んでいる人は特に外に出るのが面倒くさそうだったので、使ってみるとすごく便利だと思います。

 

また、ウーバーイーツ配達員はゲーム感もあり、シフトもなく自由に働ける新しい副業・仕事で、条件をクリアすると面接なく誰でも働けるので、興味ある人はぜひウーバーイーツ公式ページで新しい働き方を体感してみてください。

 

それではハッピーなウーバーライフを。

 

人気記事:UBEReats(ウーバーイーツ)配達員アルバイトを1ヶ月やった給料・時給・収入は?稼げるの?感想と体験談・月収を公開~