Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金払いとは?配達パートナー・注文者の両方の使い方を解説。

【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方

新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)

Uber Eats(ウーバーイーツ)が現金払いを開始

フードデリバーリーサービスのUber Eats(ウーバーイーツ)では、現金での支払いが可能となりました。当初は大阪のみでしたが、好評だったため、全国のUber Eats(ウーバーイーツ)でも現金払いへの対応が段階的に進められています。いままでは、支払い方法がクレジットカードかデビットカードでした。今回新たに支払い方法が増えることになります。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金払いが可能になったことで、一体何が変わるのでしょうか、具体的にどういった手順で現金払いを行うのでしょうか、配達パートナーにとって現金払いのメリットやデメリットはあるのでしょうか。当記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金払いする方法や現金払いするメリットやデメリットについて解説します。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)を現金払いする方法

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金払いする手順について、順番に解説していきます。注文者が現金払いする手順は以下の通りです。

 

1.アプリにログインし、下のタグから、自分の情報を選択

2.「お支払い方法を追加」を選択

3.「現金」を選択

 

上記の手順により、現金払いの設定完了です。あとは配達パートナーに現金で支払いましょう。なお、ピッタリの金額を準備する必要はありません。配達パートナーがお釣りを用意してくれます。とはいえ、細かいお釣りは用意していない可能性もあるので、お釣りが少なくなるように準備しておいた方が無難です。

 

現金払いで注文できるのは最大で10,000円(送料含む)となります。なお、お酒は現金払いの対象外です。お酒単体の注文だけではなく、他の料理を頼んだとしてもお酒も一緒に注文した場合は現金払いが不可となるので、注意してください。

 

注文者が現金払いに設定する手順を紹介しました。一方、配達者はどのような手順になるのでしょうか。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが現金払いに対応する方法については、以下の手順となります。

■Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが現金払いに対応する方法

 

1.自分のアカウントページから「お支払い」を選択し、クレジットカードかデビットカードの情報を登録

2.カードを登録後、「運転の設置」が表示されるので、「現金払い」をオンにすると設定完了

 

現金払いで直接受け取った報酬分はクレジットカード(デビットカード)から差し引かれるため登録が必要となります。実際に配達する際、現金払いの場合は緑色のアイコン(現金払いのアイコン)が表示されます。

 

現金で受け取った分が、その他の決済方法での報酬を超えた場合は、余剰分を支払います。余剰分はクレジットカード(デビットカード)で調整されるので、自分で現金を振り込む必要はありません。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)を現金払いするメリット・デメリットとは?

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)での現金払いが可能となりましたが、配達パートナーの視点から、メリットやデメリットについて解説します。

 

■メリット

①注文数が増える

現金払いができるようになったことで、「現金決済しかできない顧客層」が新たに取り入れることができます。そのため、自ずと注文数が増えるでしょう。配達パートナーにとっては、仕事が増えるので、メリットといえます。配達報酬を増やしたい方は、現金払いに対応することで、注文数を増やしましょう。

 

②報酬をその場で受け取れる

いままでは、まとまった報酬が後から振り込まれるシステムでしたが、現金払いの場合は配達パートナーとしての報酬をその場で受け取れます。すぐに現金が必要な状況にいる方にとっては、ありがたいでしょう。また、報酬を直接受け取ることで、銀行口座の数字が増えていくよりも、モチベーションアップに繋がります。

 

デメリット

①現金を管理するのが面倒

現金払い対応なので、配達パートナーは現金を管理する必要が生じます。特に売上金をしっかりと保管しなかればなりません。また、お釣りを準備するために小銭を用意しておく必要があります。

 

お釣りや売上金など、現金を保管するのが面倒と感じる方はいるでしょう。「現金払いが面倒」と感じた場合は、アプリ上で設定を変更すると、いままで通りの決済方法で配達可能です。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)公式によると、現金払いをしている方は全体の14%程度です。現金払いの対応はまだ始まったばかりなので、今後はこの割合が増えていくでしょう。昨今は、キャッシュレス化が進んでいますが、まだまだ現金決済に一定の需要があることも確かです。

 

現金決済しかできない層が、新たにUber Eats(ウーバーイーツ)のユーザーとなることが予想されます。配達パートナーにとっては、注文数を増やすチャンスといえるでしょう。現金払いのメリットやデメリットを理解して、Uber Eats(ウーバーイーツ)を活用してください。

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー公式ページ

>>【人気記事】Uber Eats(ウーバーイーツ)バイトより稼げるか徹底解説。【決定版】稼げるか・配達の時給や給料・仕組みを解説。