menu(メニュー)デリバリー配達員バイトの登録方法や招待コード・紹介コードついて解説。

 

全国のテレビCMでも多く見かけるようになったmenuのデリバリー配達バイト。

 

Uber Eatsの配達員ももちろん見かけますが、menuの配達をしている人も周りに増えてきました。

 

・menuの配達バイトってどんな仕組みなの?対応エリアは?

・menuの配達バイトの登録方法は?お得な登録方法はあるの?

 

ということについて解説していきます。

 

 

menuデリバリーバイトとは?どんな仕組み?

 

 

menuデリバリーは、ウーバーイーツをしたことがある方であればわかると思いますが、ぶっちゃけ同じ仕組みです。

 

料理をお店に受け取りに行き、注文した人の元に届ける仕事を行います。

 

menuデリバリーバイトの対応エリアは?

 

現在の配達できる地域・エリアは東京都内の以下のエリアとなっています。

  • 東京都23区(早稲田(新宿区)、新宿(新宿区)、西新宿(新宿区)、四谷(新宿区)、飯田橋(千代田区)、赤坂(港区)、表参道(渋谷区・港区)、六本木(港区)、浜松町(港区)、麻布(港区)、渋谷(渋谷区)、恵比寿(渋谷区)、水道橋(千代田区・文京区)、日本橋(中央区)、勝どき(中央区)、晴海(中央区)、目黒(目黒区)、自由が丘(目黒区)、下北沢(世田谷区)、上野(台東区)、秋葉原(台東区)、浅草(台東区)、両国(墨田区)、押上(墨田区)、錦糸町(墨田区)、墨田区北部(墨田区)、池袋(豊島区)、目白(豊島区)、中野(中野区)、方南町(杉並区)、武蔵関(練馬区)、上井草(杉並区)、西荻窪(杉並区)、久我山(杉並区)、高井戸(杉並区)、大井(品川区)、旗の台(品川区)、南六郷(大田区)、西糀谷(大田区)、蒲田(大田区)、大森(大田区)、千鳥(大田区)、雪谷(大田区)、太田南馬込(大田区)、成蹊学園(武蔵野市)、井の頭公園(武蔵野市)、吉祥寺(武蔵野市)
  • 神奈川県(川崎市(幸区、武蔵小杉(中原区)

現在はまだ少ないですが、かなりハイペースでエリアを広げているので、他の都道府県に広がる日も近いでしょう。

■大阪でも配達員募集中

近日中に大阪でサービス開始は確定で、大阪全域への順次拡大を予定しているとのことです。

配達員を積極的に募集しているとのことです。早めに始めた方が配達員が不足しているため、ボーナスが大きいことが予想されるので、大阪で少しでも興味がある方は早めに始めた方がいいでしょう。

menuバイトは普通に始めるともったいないので、下記の登録方法をよく読んでください。

menuデリバリーバイトの登録方法は?招待コードもある?

 

menuデリバリーバイトは、一度も面接をせずにスマホで必要な情報を打ち込むだけで、登録ができます。

 

登録の際に招待コードを記入する欄があり、招待コードを打ち込むと30回配達で25,000円の追加報酬がもらえますが、打ち込み忘れると25,000円の追加報酬がもらえません。

 

下記の招待コードをよろしければ使用して入力してください。

 

menu招待コード

DYX248

 

それでは、詳しい登録手順について解説します。

menuデリバリーの稼げる登録方法

menu公式ページにいき、メールアドレスを入力します。

送信したメールアドレス宛にこのようなメールが届きます。自分が希望する配達方法のリンクをクリックしましょう。私は自転車で配達をするので、【自転車での配達をご希望の方】を選びました。

ここが大事ですが、招待コードの入力欄があるので、必ず入力するようにしましょう。

招待コード:DYX248を入力すると、30回配達後に報酬とは別に、25,000円が支払われます。

ここで入力を忘れると、30回の配達を完了しても25,000円のボーナスがないので、かなりもったいないです。忘れずに記入しましょう。

>>menuデリバリー登録ページ

menu招待コード

DYX248

その他必要事項を記入して、フォームの送信をします。

 

私の場合は、フォーム送信後に「受付を完了しました」のような連絡は一切なく、9日間ほどたってから、以下のようなアカウント作成メールが到着しました。結構かかった気がしたので、焦らずに待ちましょう。

 

 

まとめ

 

menu(メニュー)デリバリーのお得な登録方法について解説していきました。

招待コードを活用した方が、いうまでもなくかなり有利に始めることができるので、登録する際には忘れないようにしましょう。

>>menuデリバリー登録ページ

招待コード:DYX248

↓ここ忘れないように。