継続すること・新しく始める時のコツと思うこと

 

最近、継続することがすべてなんじゃないかなーと考えることが多くなったので、今回は、そのことについても書きます。

 

時価総額1000億円を超えているインターネット関連企業の多くは創業から15年以上経過している

 

メルカリは創業から5年で時価総額5000億円を超えている異例の企業ですが、本当に異例です。

上場しているインターネット関連企業を調べてみると、時価総額1000億円を超えている企業の多くは設立から10年、15年と経過しています。

 

(2018年10月当時の自分が行った調査・違うところあったらすみません。)

もちろん、続ければいいというのは論外ですが、時価総額を大きく向上させるためには、設立から例えば、10年企業を存続させるくらい、継続して取り組むことが必要なのが分かります。

 

もう少し自分の身近な例で話します

 

僕が身近な例で効果を感じたのは筋トレです。

 

スクワットが4月末の段階では85kgが限界だったのが、7月24日には125kgまで、扱えるようになりました。決してきれいなフォームとは言えないですが、4月末ではまず持つことが無理でした。

 

筋トレも基本的に週4日~5日は継続していて、1回あたり30分から40分でやっています。

 

このブログも7月1日から毎日書いてますが、最初は書くのに3時間くらいかかったのが、徐々に書く時間が1時間30分くらいで書けるように短くなってきています。

 

自分の思う、何かを継続するコツ

 

継続するためのコツですが、自分の中である程度はっきりとしてきています。

①最初の自分への期待値を徹底的に下げる

②記録をつける

です。順番に解説します。

①最初の自分への期待値を徹底的に下げる

目的、目標、行動計画を立てます。

その時に、例えば筋トレで、腕立て伏せを明日から毎日30回やる。と設定すると個人差はありますが、始めるのがだいたい難しいと思います。(学生時代に毎日100回やってた人とか、そのハードルを余裕で達成してた人は除きます。)

 

先延ばしになって、結局いつまでも始まらなくなり、うやむやになります。

この場合、「今日から」「1回だけ」腕立てする

とバカバカしくなるくらいの目標にすることが大切です。

何事も最初に始めるのが難しいので、自分への期待値をとことん下げるのが大切だと思います。

いわゆる「done is better than perfect」の精神です。

②記録をつける

つづいて、記録をつけることです。

メモ帳でもスプレッドシートでもカレンダーでも何でもいいですが、記録をつける。毎日つける。

これも、①の精神で、細かくつけようとするとおっくうになって続けられなくなってしまうので、「やったかやってないか」くらい一番大事なポイントだけでもつけるようにしましょう。

つけないと、意外と毎日続けるのが難しいなあ(やらなくても記憶をごまかすことができるので)というのが個人的な実感です。

継続するコツはこの2つだけだと思います。

しかし、ただ継続しても効果が上がらないことが多いと思います。

筋トレだったら、毎回最大重量を1kgでも重くする、のようにして、「改善すること自体を継続の中に組み込む」ようにしています。

ブログだったら、「毎日改善点を1つ書いて、次の日のブログでそれを修正する。」のように、「改善すること」「負荷を大きくすること」自体を「無思考」でできるようにすることが大事だと思います。

 

ということで、今日のブログをなんとかかけました。よかったです。

それではまた。