Uber Eats(ウーバーイーツ)を注文するのは怖い?危ない目に遭わないための対策を解説

 

Uber Eatsは配達パートナーとして登録をした方が注文を受けた料理を配達するサービスになっているため、ユーザーにしてみれば「よくわからない人が家に来るのは怖い」と感じてしまうかもしれません。

 

配達パートナーは、運送会社やレストランなどに雇用された社員ではなく、Uber Eatsと直接契約した個人事業主でもあるため、より素性がわかりにくくなっています。

 

危険な目に遭ったり、トラブルを未然に防止するためにも対策を知っておきましょう。

 

1.Uber Eatsユーザーが怖いと感じた体験談を紹介

まずは、SNS上で見つかったUber Eatsユーザーの怖い体験談を紹介していきます。

 

実際の注文者が経験した投稿を見ながら、Uber Eatsを使う上での注意点などを考えていきましょう。

 

実際にUber Eatsを利用して怖い体験をした人もいれば、なんとなく怖いイメージが強いから利用を躊躇するという人も数多くいました。

 

最近では、新型コロナウイルスの影響もあり、配達パートナーと対面すること自体もリスクに感じられるそうです。

 

2.Uber Eatsを利用することで考えられるリスク

SNS上での口コミでもさまざまな声が見られましたが、Uber Eatsを利用する上で考えられるリスクには次のようなものが挙げられます。

 

・配達パートナーに住所がバレる

・見知らぬ人との対面リスク

・新型コロナウイルス感染リスク

 

感染拡大が続く新型コロナウイルスに関しては、時期的なものではありますが、上の2つについてはUber Eatsを利用する上で避けては通れません。

 

①配達パートナーに住所がバレる

Uber Eatsで料理を注文すると配達パートナーとマッチングをして、指定の住所に料理を届けてくれます。

 

多くの方が配達先を自宅に指定すると思いますが、システム上ユーザーの住所が配達パートナーに知られてしまいます。

 

宅配便やフードデリバリーでは当たり前のことですが、個人事業主で素性が知れないUber Eatsの配達パートナーに住所を知られてしまうのは不安に感じてしまうでしょう。

 

女性の方だと特にストーカー被害に遭うリスクも懸念されます。

 

②見知らぬ人との対面リスク

住所が知られる以上にどこの誰かもわからない人が家の前まで来るということに不安を感じている人も多いでしょう。

 

ドアの前で1対1の状態になりますし、マンションなどであれば周囲に誰もいないということも考えられます。

 

海外ではUber利用者の被害も数多く報告されていることもあり、怖いと感じてしまうのも無理ありません。

 

3.Uber Eatsを安全に注文するための対策は?

怖いと思ってもUber Eats自体は便利なサービスであることには変わりありません。さまざまなレストランの料理を気軽に注文できて、指定の場所まで届けてくれるので、使ってみたいという人は多いでしょう。

 

そこでここではUber Eatsを安全に利用するための対策を紹介していきます。

どんな工夫をすれば安心して頼めるのか見ていきましょう。

①部屋番号を知らせずエントランスで受け取る

マンションにお住いで部屋番号まで知られるのが嫌だという人は、配達住所の欄に部屋番号を記載せず、建物の住所のみを書くようにして、受け取りは1階のエントランスで行うようにしましょう。

 

Uber Eatsでは、配達オプションの中に「外で受け取る」という指定も可能です。

 

こうすれば部屋番号までは知られませんし、ドアの前でやりとりをする必要もありません。

②宅配ロッカーで受け取る

最近では宅配ロッカーを設けるマンションが増えてきています。対面でのやりとりが怖いと感じるのであれば、宅配ロッカーを受け取り場所にしておくといいでしょう。

 

配達パートナーへのメモに「宅配ロッカーに入れてください」などと記載しておけば対応できます。

 

このやり方であれば見知らぬ人との対面による不安は解消できます。

③自宅以外で頼む

自宅の住所がバレるのが不安だという人は自宅以外の場所で受け取るしかありません。

Uber Eatsは住所を指定すればオフィスビルなどでも受け取りが可能です。

 

自宅から料理を注文することはできませんが、自宅以外であれば周囲に人もいますし、住所もバレないので安心して注文できます。

④他の人に受け取りを任せる(1人のときは注文しない)

料理の受け取りを他人に任せるという方法もあります。誰かと一緒にいるときであれば、代わりに料理を受け取ってもらうことができます。

 

常に家に他の人がいるわけではありませんが、1人でいるときに注文をしないというだけでもリスクは軽減できます。

⑤置き配で頼む

新型コロナウイルスの影響により、配達パートナーとの対面に対しても感染リスクが懸念され出しています。

対面でのやりとりが不安んい感じる方は「置き配」で頼むといいでしょう。

 

配達メモなどに「ドアの前に置いてください」などと記載すれば対応してくれます。

⑥自分もUber Eats配達パートナーをやってみる

 

Uber Eats配達パートナーは、面接もなく18歳以上の方であれば誰でもやってみることができます。副業として隙間時間を有効活用して稼いでみるのもいいでしょう。実際に自分が配達を経験することで、怖いという気持ちが薄れる可能性もあります。

 

私自身が200回以上配達していますし、その時に稼いだ金額を公開しているので、興味がある方はぜひ「Uber Eats配達パートナー1ヶ月配達した収入・時給をスクショ付きで公開」のページを見てみてください。

 

4.まとめ

Uber Eatsは最新のテクノロジーでフードデリバリーサービスがより身近に体験できる画期的なサービスではあるものの、システム上の不安が数多くあります。

 

多種多様なレストランの料理が気軽に注文できるのは非常に便利ですが、いざ注文するとなると見知らぬ誰かが家まで届けに来るので怖いと感じてしまう人も多いでしょう。

 

なので、Uber Eatsを安全に注文するための対策をしっかりと把握して、不安を取り除いてから使ってみてください。

 

25000円もらえるmenuデリバリーの招待コード
30回の配達で25000円もらえるmenuデリバリー。
25000円もらえる招待コードや登録方法について下記ページで紹介しています。


menu(メニュー)デリバリー配達員バイトの登録方法や招待コード・紹介コードついて解説。

2020年5月24日


menu(メニュー)デリバリー配達員バイトの登録方法や招待コード・紹介コードついて解説。