ウーバーイーツの現金払いとは?配達員・注文者の両方の使い方を解説。

 

ウーバーイーツが現金払いを開始

フードデリバーリーサービスのウーバーイーツ(Uber Eats)では、現金での支払いが可能となりました。当初は大阪のみでしたが、好評だったため、全国のウーバーイーツでも現金払いへの対応が段階的に進められています。いままでは、支払い方法がクレジットカードかデビットカードでした。今回新たに支払い方法が増えることになります。

 

ウーバーイーツで現金払いが可能になったことで、一体何が変わるのでしょうか、具体的にどういった手順で現金払いを行うのでしょうか、配達員にとって現金払いのメリットやデメリットはあるのでしょうか。当記事では、ウーバーイーツで現金払いする方法や現金払いするメリットやデメリットについて解説します。

 

ウーバーイーツを現金払いする方法

 

ウーバーイーツで現金払いする手順について、順番に解説していきます。注文者が現金払いする手順は以下の通りです。

 

1.アプリにログインし、下のタグから、自分の情報を選択

2.「お支払い方法を追加」を選択

3.「現金」を選択

 

上記の手順により、現金払いの設定完了です。あとは配達員に現金で支払いましょう。なお、ピッタリの金額を準備する必要はありません。配達員がお釣りを用意してくれます。とはいえ、細かいお釣りは用意していない可能性もあるので、お釣りが少なくなるように準備しておいた方が無難です。

 

現金払いで注文できるのは最大で10,000円(送料含む)となります。なお、お酒は現金払いの対象外です。お酒単体の注文だけではなく、他の料理を頼んだとしてもお酒も一緒に注文した場合は現金払いが不可となるので、注意してください。

 

注文者が現金払いに設定する手順を紹介しました。一方、配達者はどのような手順になるのでしょうか。ウーバーイーツの配達員が現金払いに対応する方法については、以下の手順となります。

■ウーバーイーツ配達員が現金払いに対応する方法

 

1.自分のアカウントページから「お支払い」を選択し、クレジットカードかデビットカードの情報を登録

2.カードを登録後、「運転の設置」が表示されるので、「現金払い」をオンにすると設定完了

 

現金払いで直接受け取った報酬分はクレジットカード(デビットカード)から差し引かれるため登録が必要となります。実際に配達する際、現金払いの場合は緑色のアイコン(現金払いのアイコン)が表示されます。

 

現金で受け取った分が、その他の決済方法での報酬を超えた場合は、余剰分を支払います。余剰分はクレジットカード(デビットカード)で調整されるので、自分で現金を振り込む必要はありません。

 

ウーバーイーツを現金払いするメリット・デメリットとは?

 

ウーバーイーツでの現金払いが可能となりましたが、配達員の視点から、メリットやデメリットについて解説します。

 

■メリット

①注文数が増える

現金払いができるようになったことで、「現金決済しかできない顧客層」が新たに取り入れることができます。そのため、自ずと注文数が増えるでしょう。配達員にとっては、仕事が増えるので、メリットといえます。配達報酬を増やしたい方は、現金払いに対応することで、注文数を増やしましょう。

 

②報酬をその場で受け取れる

いままでは、まとまった報酬が後から振り込まれるシステムでしたが、現金払いの場合は配達員としての報酬をその場で受け取れます。すぐに現金が必要な状況にいる方にとっては、ありがたいでしょう。また、報酬を直接受け取ることで、銀行口座の数字が増えていくよりも、モチベーションアップに繋がります。

 

デメリット

①現金を管理するのが面倒

現金払い対応なので、配達員は現金を管理する必要が生じます。特に売上金をしっかりと保管しなかればなりません。また、お釣りを準備するために小銭を用意しておく必要があります。

 

お釣りや売上金など、現金を保管するのが面倒と感じる方はいるでしょう。「現金払いが面倒」と感じた場合は、アプリ上で設定を変更すると、いままで通りの決済方法で配達可能です。

 

ウーバーイーツ公式によると、現金払いをしている方は全体の14%程度です。現金払いの対応はまだ始まったばかりなので、今後はこの割合が増えていくでしょう。昨今は、キャッシュレス化が進んでいますが、まだまだ現金決済に一定の需要があることも確かです。

 

現金決済しかできない層が、新たにウーバーイーツのユーザーとなることが予想されます。配達員にとっては、注文数を増やすチャンスといえるでしょう。現金払いのメリットやデメリットを理解して、ウーバーイーツを活用してください。

>>ウーバーイーツ配達員公式ページ